ニッポ・ニュース

VOL.107(2016年10月1日発行)

全国版

路床安定処理機械を導入
新型ディープスタビライザ

 「ディープスタビライザ」が、品質面と安全面を強化して新登場 !
新しい「ディープスタビライザ HCS500」は、クローラ式路床安定処理機械です。
一定の速度で効率良く、80pの深さまで固化材と軟弱土を確実に混合することができます。

支店版

北海道支店

寒冷地用 全天候・高耐久型アスファルト常温舗装材
レミファルトST- Wウィンター
▼「レミファルトST-W」は、寒冷地における良好な作業性と耐久性を有する寒冷地用全天候型・高耐久性常温舗装材です。

東北支店

トータルステーションによる情報化施工
TSシステム(Total Station System)
▼NIPPOでは、「トータルステーション(以下TS)システム」をさまざまな現場・工種に活用し、好評をいただいております。

関東第一支店

急速硬化型樹脂系ひび割れ充填材
クイックガードS
▼新商品の「クイックガードS」は、急速に硬化する樹脂系のひび割れ充填材です。「H27・28・29大宮維持工事」において、アスファルト舗装のひび割れ補修で使用しました。

関東第二支店

型押しタイプ・舗設タイプ・切削タイプ
NIPPOの交通安全対策技術
▼NIPPOは、安全走行に貢献する排水性舗装を昭和62年に日本で初めて施工するなど、舗装の視点からさまざまな交通安全対策に取り組んできました。今回は3タイプの交通安全対策技術をご紹介します。

北信越支店

透水性カラー弾性舗装
ウレタンパーソフト
▼「ウレタンパーソフト」は、カラーゴムチップを使用した、透水性で水たまりができにくい弾性舗装です。適度な弾力性があるため、足に優しい舗装です。

中部支店

型枠式カラータイル工法による景観舗装
ファンシータイル
▼名古屋市熱田区の名鉄神宮前駅の北側に架けられた横断歩道橋(鋼床版)の舗装に、型枠式カラータイル工法の「ファンシータイル」を施工しました。
2液型高耐久エポキシ樹脂系接着剤
スマートボンド
▼今回「ファンシータイル」を施工した横断歩道橋(鋼床版)の施工基面に採用された鋼繊維補強コンクリート(SFRC)と、鋼床版との接着をより高めるため、「スマートボンド」が使用されました。

関西支店

多機能型すべり止め舗装
グリップサーフ
▼‌福井県の北端、日本海沿いにあるあわら市は、冬期には積雪や路面の凍結によって車両の安全な通行に支障が出ます。坂道における安全対策の一助として、多機能型すべり止め舗装「グリップサーフ」が施工されました。

四国支店

凍結路面抑制舗装
ゴムロールド
▼南国高知と言われながらも山間部では降雪があります。特に橋面部は土工部に増して凍結路面が形成されやすく、スリップ事故の可能性も高まります。今回、大川村の「うの滝橋」において、凍結路面対策として「ゴムロールド」を施工しました。

中国支店

脱色バインダーの使用で、種々の色調を選択可能
パーフェクトカラーM(加熱混合式カラー舗装)
エリザベト音楽大学の新3号館新築工事にともない、クレイ系舗装の自然感を漂わせる歩道のご要望に応えるため、顔料を黄色とした加熱混合式カラー舗装「パーフェクトカラーM」を提案し、採用されました。
バックナンバー

ご覧になりたいバックナンバーをお選びください