社外取締役インタビュー

当社では、社会インフラの整備を担う企業集団として、将来にわたって安定成長を継続するため、中長期的な企業価値の向上やそれを支えるコーポレート・ガバナンスの強化などに取り組んでおります。
当社の代表取締役社長と社外取締役2名に、当社の社風や企業価値の源泉、コーポレートガバナンスに対する印象や将来性などを質問しました。

吉川社長メッセージ

社外取締役のご助言を真摯に受け取り、事業環境の変化に適合した事業体制の構築を推進します

代表取締役社長 吉川 芳和

社外取締役に期待することとして、業務の執行から一定の距離を置き、独立かつ客観的な立場から、実効性のある経営の監督を行っていただく役割を挙げることができると思います。

具体的に言うと、1つ目は、経営方針の企画立案・実行や経営改善に当たって、持続的な成長や中長期的な企業価値の向上等を目指す観点から、社外取締役自らの知見に基づいて助言をいただくこと。2つ目は、経営陣の選解任や取締役会における重要な意思決定などを通じて、経営の監督をしていただくこと。3つ目は、会社と経営陣・支配株主等との間の利益相反を監督していただくこと。4つ目は、経営陣・支配株主から独立した立場に立ち、少数株主をはじめとするステークホルダーからの意見を取締役会に適切に反映していただくこと、だと考えています。


我々経営陣は、こうした社外取締役に期待される役割を十分に認識し、社外取締役のご意見・ご助言を真摯に受け止めて、NIPPOグループが将来にわたって持続的に成長していくため、経営環境の変化に即応した体制の構築と事業展開を推し進めてまいります。