HOME製品・技術のご案内 > 高耐久性常温合材  レミファルトS

印刷用ページ

製品・技術のご案内

高耐久性常温合材  レミファルトS

  • 「安全性」を高める製品・工法
  • 「供用性」の向上に最適な製品・工法
  • 「維持補修」に最適な製品・工法
  • 「施工性」に優れる製品・工法

カテゴリー:製品>アスファルト混合物

安定性・耐水性に優れた常温アスファルト混合物

概要

合材中の数種類の添加材が化学反応により高分子化し、その高分子化作用とバインダーの結合力が一体化することにより、安定性・耐水性が得られる常温合材です。

特長

  • 安定性:施工後すぐに交通開放ができ、交通荷重による骨材飛散やわだち掘れが少ない材料です。
  • 耐水性:耐水性に優れ、雨水のたまったポットホールでもそのまま使用できます。

用途

  • 管工事の仮復旧
  • ポットホールの補修
  • 離島など加熱合材が使用できない場所の舗装補修

事例紹介

ニッポニュース掲載号 VOL 96(2014年1月1日発行)本社版
ニッポニュース掲載号 VOL 77(2010年8月1日発行)四国支店版
ニッポニュース掲載号 VOL 70(2009年6月1日発行)本社版

関連

荷 姿:バラ、40kg/袋、30kg/袋、25kg/袋、20kg/袋、15kg/袋

レミファルト


  • ポットホール補修後

  • 荷姿(30kg/袋)

  • レミファルトS30kg袋

  • レミファルトSの安定性

施工前(ポットホール)

施工直後(補修後すぐに降雪)

3週間後(補修箇所に変化なし)