会社情報

沿革

株式会社NIPPOは1934年2月、日本石油株式会社(現 ENEOS株式会社)道路部と浅野物産株式会社道路部の事業を継承し、日本石油株式会社道路部の従業員ならびに両社道路部の機械装置類の一切を引継ぎ、資本金100万円をもって設立されました。その後、営業区域を中国、台湾、朝鮮半島等の国外に拡大いたしました。1940年7月直系子会社として新京(現在の長春)に満州鋪道株式会社を新設し、1942年10月京城、台北、北京にそれぞれ支店を設け営業してきましたが、終戦により上記在外資産を喪失し、国内を営業区域として再出発いたしました。

戦後、逐次全国に支店、出張所を開設するなど社内体制の整備に努めるとともに、国土復興に伴う道路建設事業の一翼を担ってきました。特に1954年発足を見た第一次道路整備5箇年計画を契機に、以後事業所網の充実、技術力の向上、営業力の強化により舗装・土木および製品販売の基幹事業の充実に努めました。1985年頃からは営業種目の拡大を図り、現在は、建築、不動産開発、環境ならびにPFI事業等多方面にわたる積極的な営業活動を展開し、海外においても、現在、グアム、中国、インド、タイ、ミャンマー、ベトナム、インドネシア、タンザニアに拠点を設けています。

主な変遷は、次のとおりです。

年月 できごと
1934年(昭和9年)2月 設立
1949年(昭和24年)10月 建設業法により建設大臣登録を受ける
1949年(昭和24年)12月 当社株式を東京証券取引所に上場
1961年(昭和36年)3月 三協機械建設株式会社(現 日鋪建設株式会社)に資本参入
1968年(昭和43年)8月 決算期を年1回(3月)に変更
1969年(昭和44年)3月 アスファルト合材販売事業に進出
1973年(昭和48年)9月 建設業法改正により建設大臣許可を受ける
1977年(昭和52年)4月 リサイクリングアスファルトプラント開発、千葉市にて第1号機稼働開始
1977年(昭和52年)7月 インドネシア政府より中部ジャワ道路改良工事を受注し、海外事業に進出
1977年(昭和52年)7月 長谷川体育施設株式会社に資本参入
1980年(昭和55年)5月 スポーツ関連事業に進出
1985年(昭和60年)6月 開発事業ならびに石油製品販売事業等に進出
1986年(昭和61年)4月 建築事業に進出
1999年(平成11年)1月 琴海土地開発株式会社を吸収合併
2001年(平成13年)4月 土壌・地下水浄化事業へ進出
2003年(平成15年)3月 大日本土木株式会社に資本参入
2003年(平成15年)10月 商号を株式会社NIPPOコーポレーションに変更
2003年(平成15年)10月 新日石エンジニアリング株式会社の工事・エンジニアリング部門を吸収分割
2004年(平成16年)12月 本社部門で環境ISO(ISO14001)の認証を取得
2009年(平成21年)7月 商号を株式会社NIPPOに変更
2012年(平成24年)4月 プラントエンジニアリング事業をJXエンジニアリング株式会社(現 レイズネク スト株式会社)に吸収分割