HOME製品・技術のご案内 > 地震対策型段差抑制工法 HRB工法

製品・技術のご案内

地震対策型段差抑制工法 HRB工法

  • 「安全性」を高める製品・工法
  • 「経済性」に優れる製品・工法
  • 「施工性」に優れる製品・工法

カテゴリー:舗装工法>車道アスファルト舗装>陥没対策

地震による舗装の崩壊を防止

概要

高強度のジオグリッドと拘束部材を用いた複合剛性層を路床に構築する工法です。地震による舗装の崩壊の防止や、アスファルト舗装路面の亀裂や段差の発生を抑制します。地震直後でも緊急車両の通行が可能で、人命救助や物資運搬が急務な初動を迅速に行えます。

特長

  • 支持性能を保持しつつ、地震による地盤変形に滑らかに追従することで、アスファルト舗装路面の亀裂や段差の発生を抑制し、車両通行を可能にします。
  • ジオグリッドの敷設と拘束部材の設置は容易で、複合剛性層を路床に構築するだけなので、短期間で、かつ車線規制内での工事が可能で、大型機材の仮設ヤードも不要です。

用途

  • アスファルト舗装の大規模地震対策 
  • 軟弱地盤盛土部および切土/盛土境界部の不同沈下防止
  • 構造物前後
  • 埋設物周囲の陥没
  • 段差抑制

事例紹介

ニッポニュース掲載号 VOL 85(2011年12月1日発行)関西支店版

関連

※HRB工法は中央大学研究開発機構、株式会社NIPPO、前田工繊株式会社が産学連携共同研究により開発した地震対策型段差抑制工法です。


  • 段差抑制効果の例

  • 段差抑制効果

HRB工法(横から)

一般工法(横から)

HRB工法(正面から)

一般工法(正面から)