HOME製品・技術のご案内 > 汚染物質土中分解浄化 原位置化学酸化処理工法

印刷用ページ

製品・技術のご案内

汚染物質土中分解浄化 原位置化学酸化処理工法

  • 「安全性」を高める製品・工法
  • 「供用性」の向上に最適な製品・工法
  • 「経済性」に優れる製品・工法
  • 「施工性」に優れる製品・工法

カテゴリー:土壌・地下水の浄化>油分浄化・VOCs浄化

VOCsや油分を集中的に分解する安価な工法

概要

VOCsや油分で汚染された土壌・地下水に、原位置で酸化剤等を注入・撹拌し、フェントン反応を利用して汚染物質を分解・無害化する技術です。

特長

  • 原位置で浄化が可能です。
  • 化学反応処理で比較的短期間で浄化できます。ランニングコストが不要であり、低コストです。
  • 酸化剤は医薬品等に使用されている物質を使用しており、安全です。

用途

  • 油分・VOCsによる汚染地下水・土壌

  • VOCs汚染土壌の攪拌状況

  •  

  • 注入井戸とモニタリング状況

  • 汚染土壌への混合撹拌状況