HOME製品・技術のご案内 > 汚染土壌化学浄化 添加材混合工法

印刷用ページ

製品・技術のご案内

汚染土壌化学浄化 添加材混合工法

  • 「安全性」を高める製品・工法
  • 「供用性」の向上に最適な製品・工法
  • 「施工性」に優れる製品・工法

カテゴリー:土壌・地下水の浄化>油分浄化・VOCs浄化

処理効率が良く、短期間で安価な浄化工法

概要

汚染土壌中の汚染物質(VOCs・油分)に添加材(生石灰等)を混合し、水和反応熱で揮散・吸着させ、浄化する技術です。現場に最適な混合機械を選定し浄化します。

特長

  • 汚染土壌を現地で浄化確認しながら施工できます。
  • 短期間で浄化が可能です。
  • 浄化土」は、埋戻しに再利用できます。
  • 水和反応熱を利用しているため、他のエネルギーは不要です。

用途

  • 軽・中質油混じりの土壌
  • 低濃度~高濃度のVOCs汚染土壌

  • 油混じり土壌の施工状況