製品・技術のご案内

深層混合処理工法 深層混合処理工法

「安全性」を高める製品・工法

カテゴリー:土木>地盤改良・盛土

軟弱地盤の土質性状の改善、地盤支持力の増加に

概要

攪拌翼を土中に貫入させながら、スラリー状または粉体状の固化材と土とを強制的に攪拌混合し、固結した円柱状パイルを土中に形成させる工法です。

特長

  1. 軟弱地盤の支持力・安定性を改良できます。
  2. 原位置で固化する工法であるため、建設発生土が少ない
  3. 圧密工法・サンドパイル工法等に比べ、短期間で強度が得られます。

用途

  • 道路
  • 鉄道
  • 堤防などの盛土の安定化
  • 構造物などの基礎支持力の確保
  • 掘削時のヒービング防止

関連

  • マッドスタビ工法
    ※当社は、アスコラム協会およびDJM工法研究会に加入しています。

施工編成図