製品・技術のご案内

GNSSとゾーンレーザ技術による高度情報化施工 NSPシステム

「高評価」を受けている製品・工法 「施工性」に優れる製品・工法

カテゴリー:舗装工法>車道アスファルト舗装>施工技術

安全性と出来形精度が向上、複数の施工機械を一元管理

概要

GNSS(汎地球測位航法衛星システム)とゾーンレーザ技術を利用した情報化施工システムです。モーターグレーダやアスファルトフィニッシャ等の施工機械に入力した三次元設計データと、GNSSより受信する位置情報に基づき、作業装置を高精度に自動制御します。

特長

  1. 作業の合理化:丁張りの設置や検測作業の削減の他、複数の施工機械を一元管理することにより、作業時間の短縮が可能です。
  2. 高精度の施工:自動制御により、路面高さをミリメートル単位で仕上げ、面としての均一な出来形を提供します。
  3. 安全性の向上:検測作業の削減により作業員と重機との接触事故を防止します。
  4. 環境負荷低減:作業時間の短縮により、施工機械からのCO2発生を低減します。

用途

  • 高速道路 
  • 大規模道路
  • 空港
  • 大型駐車場
関西空港2期工事
高精度情報化施工「NSPシステム」イメージ
高精度情報化施工による上層路盤の施工状況例
  • フロー1)三次元設計データの作成
  • フロー2)コントロールボックスへダウンロード
  • フロー3)三次元設計データ
  • フロー4)高精度な施工(フィニッシャ)