製品・技術のご案内

アスファルト舗装の養生時間短縮工法 舗装冷却工法

「施工性」に優れる製品・工法

カテゴリー:舗装工法>車道アスファルト舗装>施工技術

水噴霧で施工後の路面を冷却し養生時間を短縮

概要

アスファルト舗装舗設後の養生時間を短縮するため、水噴霧等によって舗装を冷却する工法です。特に、舗装温度の下がりにくい夏場で施工時間に制約がある場合に」は、通常より低い温度で施工できる中温化アスファルト混合物「エコファイン」と併用すると、より効果的に養生時間を短縮できます。

特長

  1. 舗装の養生時間を0.5~1.5時間程度短縮できます。
  2. 初期わだちが抑制できます。

用途

  • 交通規制で施工時間が制約されているため、舗設後の養生時間の短縮が必要なアスファルト舗装工事

関連

気化熱を利用した舗装冷却
ローラ取り付けタイプ冷却装置