製品・技術のご案内

道路冠水対策工法 アクアロード

「安全性」を高める製品・工法 「快適性」を高める製品・工法 「地球環境・地域環境」への貢献になる製品・工法 「供用性」の向上に最適な製品・工法 「施工性」に優れる製品・工法

カテゴリー:土木>地盤改良・盛土

樹脂製雨水貯留浸透槽が冠水被害を抑制

概要

車道下に樹脂製の雨水貯留浸透槽を構築することで、台風や集中豪雨、特に頻発している局地的豪雨(ゲリラ豪雨)による冠水被害を抑制する工法です。※「アクアロード」は積水化成品工業(株)様の商品名です。

特長

  1. 短工期:従来の雨水貯留浸透層はコンクリート製のため、大規模な工事、長い養生工期が必要でしたが、「アクアロード」は軽量な樹脂製を組み上げるだけのため、特殊な施工機械や養生期間が不要で、短期間で設置が完了します。
  2. 容易に設置:道路の直下が雨水調整池の役割を果たすことから、新たな用地確保が不要。設置場所の降水想定量や面積に合わせて、さまざまな規模の貯留空間を自在に構築できます。
  3. 貯水性:体積当たり92%以上の高空隙率を有し、100m3あたり92m3の貯水が可能です。
  4. 通行安全性:台形の特殊なブロックを交互に連結させて積み上げることで、大型車両の走行も可能な耐荷重性を発揮します。
  5. 雨水利用:内部空間に溜まった雨水を緑化対策、防火用水、保水性舗装などへ利用可能です。

用途

  • 冠水多発道路、アンダーパス、地下鉄や地下道の出入口
「アクアロード」施工中
「アクアロード」施工イメージ図
「アクアロード」製品形状

断面図

断面図
「アクアロード」断面図