製品・技術のご案内

路床安定処理 ディープスタビ工法

「供用性」の向上に最適な製品・工法 「経済性」に優れる製品・工法 「維持補修」に最適な製品・工法

カテゴリー:舗装工法>路盤・路床>安定処理

処理厚30~100㎝の路盤強化・路床改良・軟弱地盤対策に

概要

路床土にセメントや石灰を路上混合方式で添加混合し安定処理する工法です。1層の仕上り厚は30~100㎝が標準です。

特長

  1. 在来路床を支持力の大きな路床に改良できるので、舗装厚を薄くでき経済的です。
  2. 軟弱路床を置換えすることなく改良できるので、建設発生土が生じず、掘削分の工程を短縮できます。

用途

  • 軟弱路床の改良
  • 路床支持力増加による舗装厚の低減

関連

施工状況
スーパーディープスタビライザによる混合状況(処理厚:1m)