HOME製品・技術のご案内 > 路上表層再生工法 サーフェスリサイクリング

印刷用ページ

製品・技術のご案内

路上表層再生工法 サーフェスリサイクリング

  • 「地球環境・地域環境」への貢献になる製品・工法
  • 「供用性」の向上に最適な製品・工法
  • 「経済性」に優れる製品・工法
  • 「維持補修」に最適な製品・工法
  • 「施工性」に優れる製品・工法

カテゴリー:舗装工法>車道アスファルト舗装>維持補修

さまざまな損傷路面を現位置で蘇らせる

概要

摩耗、流動、ひび割れなどが発生したアスファルト舗装の表層を、現位置で加熱・再生する工法です。路面の加熱・かき起こしから転圧までの工程により「リミックス」、「リペーブ」、「リグリップ」の3方式があり、目的に応じて使い分けます。

特長

  • 省資源:既設アスファルト混合物を主材料として再利用します。
  • 省エネルギー:新規材料の製造・運搬に必要なエネルギーが削減されます。
  • 環境保全:建設廃棄物を発生させません。
  • 経済性:材料費・材料運搬費が大幅に削減できます。

用途

  • 摩耗、流動、老朽化、ひび割れ路面の補修

  • 中央自動車道(山梨県昭和町)

  • 施工状況

  • リミックス、リペーブ、リグリップの概要