ニッポ・ニュース

VOL.96(2014年1月1日発行)

作業が容易で、誰もが手軽に扱える常温合材 レミファルト

「レミファルト」は、1965年(昭和40年)にNIPPOが我が国で最初に開発した、長期保存が可能な常温アスファルト混合物(常温合材)です。
 精選した材料を使用し、品質管理の行き届いたNIPPOの工場で製造しており、常温合材の利便性を最大限に活用して、誰でも簡単に路面のメンテナンスが行えます。

用途

  • 民家の庭先、玄関廻り、公園の舗装
  • ゴルフ場、遊園地、果樹園の通路の舗装
  • 鉄道、学校、病院、工場の施設廻りの舗装
  • ガス管、水道管、電信電話線の路面復旧
  • ポットホール、くぼみ、わだちの補修
  • 段差の修正、オーバーレイ

豊富なラインナップ

用途や適用箇所に応じてお選び下さい。

レミファルトのラインナップ

※1 内容量は、製造工場により異なる場合があります。

※2 全天候性は、施工できる路面の状態で区分しており、×は「乾燥状態のみ」、○は「湿潤状態も可」、◎は「水溜まりでも可」を示します。

関連情報