ニッポ・ニュース

vol.80(2011年2月1日発行)

全国版

低炭素アスファルト舗装に
NIPPOの中温化アスファルト混合物
エコファイン

「エコファイン」は、中温化技術を応用した加熱合材(密粒・開粒などの一般合材や砕石マスチック等の特殊合材)の総称です。

本社版

支店版

北海道支店

積雪寒冷地 国道トンネル坑口の事故防止対策に「グルービング」
▼トンネル坑口の L=100m について、供用中の既設表層に「グルービング」を短期間で施工しました。

東北支店

NIPPOは優れたノウハウで選手を応援します「第2種公認 岩手県営陸上競技場」
▼岩手県営陸上競技場は、岩手県のメイン競技場として、多種目の競技が行われています。
NIPPOは人と道の出会いを大切にします「型押しアスファルト舗装 ストリートプリント」
▼「ストリートプリント」は、アスファルト舗装の表面にブロック状の模様をつけて、さらにカラー化することにより、新しい表情をつくる「型押しアスファルト舗装」です。

関東第一支店

砂利敷き風の自然感溢れる舗装「グラベルポリシール」
▼「ポリシール」の表面をショットブラスト処理し、骨材を表面に浮き出させて、砂利道風に仕上げた舗装です。

関東第二支店

ウレタン系弾性舗装「ウレタンパーソフトGPM」
▼茨城県ひたちなか市の歩道舗装に「ウレタンパ−ソフトGPM」が採用されました。

北信越支店

凍結抑制対策と騒音対策に「スーパーエスマック&パームス多機能工法」
▼積雪地帯の住宅街に建設される新設橋の表層に「スーパーエスマック」、路面に「パームス多機能工法」が採用されました。

中部支店

スポーツ施設も、NIPPOで!!「陸上競技場」
▼安城市の陸上競技場は平成22年12月に第2種公認期間が終了するため、走路の全天候舗装の全面改修工事を合成ゴム敷物系弾性舗装で行い、引き続き、第2種公認を得ました。
「建設技術フェア2010 in 中部」に出展
▼平成22年11月4日、国土交通省中部地方整備局中部技術事務所の構内特設会場にて「暮らしを支える新技術」をキャッチフレーズに「建設技術フェア2010 in中部」が開催されました。

関西支店

環境配慮型の防食技術 優れた耐酸性 ライフサイクルコストの低減
「エコサルファ−防食工法」
▼改質硫黄を素材とする「レコサール防食パネル」を下水処理施設などのコンクリート構造物に後貼りし、硫酸腐食を防止する工法です。

四国支店

橋梁コンクリート床版損傷における効果的な補修補強工法「床版上面増厚工法」
▼一般国道55号の橋梁拡幅工事に伴う既設床版の補強工事として、「床版上面増厚工法」を施工しました。

中国支店

技術フォーラム2010 in 広島「中温化混合物・エコファイン」「環境舗装」を展示
▼「建設技術フォーラム2010 in 広島」が「建設技術で環境を考える」をサブタイトルに2010年11月5日(金)、広島市西区文化センターで開催されました。

九州支店

低騒音型床版上面増厚工法「スマートオーバーレイ工法」
▼工事騒音や規制時間が問題となる中小橋のコンクリート床版を補修、補強する工法です。
バックナンバー

ご覧になりたいバックナンバーを
お選びください